MENU

 

 

 

 

彼に振られた…けれどまだ好きな気持ちがあって、諦めきれない…!
こんな時、相手にその思いを伝えることが、ベストな方法なのでしょうか?

  • 時間を置いてから伝える
  • “匂わせ”で伝える
  • プラスアルファの気持ちで向き合

復縁したいなら、好きだと伝えるだけでなく、ひと工夫が大切なカギとなります。
これから詳しく見ていきますね。

 

 

時間を置いてから伝える

 

彼に振られてしまったものの、どうしてもやり直したいと焦ってしまう方も多いでしょう。

 

確かに、気づいたら相手に新しい恋人ができていた、なんてことも起こりかねません。
しかし、ここで急ぎすぎてしまうことも、リスクを大きくします。

 

別れた直後は、お互いにあまり冷静ではない状態です。

 

彼の中でも迷いや葛藤があったなら、復縁を求められてさらに混乱してしまうかも。
そのせいで、彼との間に距離ができてしまっては大変!

 

まずは少しでも時間を置き、あなたと彼に心の余裕ができるようにしましょう。
「離れて考えてみたけれど、やっぱりまだ好き」と伝える方が、説得力もアップします。

 

『ひと呼吸置く』ということを意識してみてください。

 

 

“匂わせ”で伝える

 

復縁したいけれど、彼に直接伝えるのが難しいパターンもありますよね。
第三者に手伝ってもらうことで、間接的に復縁を狙うのも、方法のひとつです。

 

共通の友人やグループにお願いして、別れてからの彼の様子をチェック。
あなたが未練を持っていることを、さりげなくアピールしてもらいましょう。

 

彼がどんな反応をしたかによって、次の行動も考えやすくなります。
回り道に思えますが、意外なチャンスを引き寄せてくれるかもしれませんよ。

 

 

プラスアルファの気持ちで向き合う

 

彼のことが好きという気持ちは、もちろん復縁のキーポイントです。

 

ただ、振られてしまった以上、何か原因があったことも事実。
そこから目を逸らしていては、彼からの信頼を取り戻すのにも苦労してしまいます。

 

あなたが別れの理由を振り返り、変わろうとする姿勢を見せるなら。
思いの真剣さはさらに増して、彼の心に響くでしょう。

 

こうしたプラスアルファの気持ちを込めて、彼に改めて告白してみて。
より強くなった愛情が、2人の間を結びつけてくれますように。

 

 

時間や距離を置いてみる

 

振られたけれど、まだ好きなのだと彼に伝えることは復縁のためにも重要です。
だからこそ、ただ気持ちをぶつけるだけではなく、時間や距離を置いてみてほしいのです。

 

見直した自分の本音が、彼とのこれからの関係をきっと明るくしてくれます!

 

 

また、こちらの記事では、突然の別れから元彼と復縁するまで、
実践した3つのことなど、復縁成功の体験談をお話しています。


復縁はもう諦めようと思ったけど、やっぱり彼じゃないとダメ・・・だと思っているなら、
ぜひ、一読してみて下さい!


>>復縁成功の体験談を読んでみる。





人気記事

復縁

サイト情報

このページの先頭へ