MENU

 

 

 

 

「恋人と別れた後も会っている」というカップルは少なくありません。

 

単純に気心の知れた友人として会っている人もいれば、
どちらか、あるいはお互いに復縁を望んでいるカップルもいるでしょう。

 

そんな関係が続く中「元カレと会うときに、毎回デート代を奢ってもらう」
ことに、違和感を感じている女性も多いようです。

 

「毎回奢ってくれるけど、復縁したいと思っているのかな?」
と、勘ぐってしまうこともあるでしょう。

 

あなたの元彼は、なぜデート代を奢ってくれるのか?
その心理を知り、もやもやを解消しましょう!

 

 

なぜ奢ってくれるの?その時の元彼の気持ち3パターン

  • パターン1、奢るのが当たり前だと思っている
  • パターン2、復縁したいと思っている
  • パターン3、反省している

それぞれを詳しく見ていきます。

 

パターン1、奢るものと思っている

 

「デート代は男性が払うもの」という考え方の男性は、少なくありません。

  1. 古風な考えで、男性が払うのが当たり前
  2. 収入が多いほうが払うのが当たり前(男性の収入のほうが多い場合)
  3. 本当は払いたくないけど、払わないのはカッコ悪い

あなたの、元カレは、どのパターンに当てはまりそうですか?
付き合っていたころの様子や、彼の性格を思い返して想像してみても良いですね

 

または、
「いつもありがとう。ここは私が払うよ」
「いつも奢ってもらってばかりでは悪いから、割り勘にしよう」
と提案して、様子を探ってみるのもありですね。

 

1や2の、「払うのが当たり前だと思っている」パターンの場合は、
「気にしなくていいよ」と断られるでしょう。

 

3の「払わないのがカッコ悪い」と思っている場合は、
あなたから割り勘の提案が出るのを待っているかもしれません。

 

今後も、お互いが楽しくデートを重ねるためにも、
一度、割り勘等を提案してみるのがよいと言えるでしょう。

 

パターン2、復縁したいと思っている

 

あなたと別れたものの、「もう一度やり直したい」と望んでいる可能性もあります。

 

その場合は、「奢ってくれる」かどうかだけではなく、
その他の行動も注意して観察しましょう。

 

復縁を望んでいる彼が見せる言動

  1. 食事の後に「まだ時間ある?」など、もっと一緒にいたいそぶりを見せる
  2. 次に会う予定の提案をしてくる
  3. 「独り身でさみしい」をアピールしてくる

 

1や2の場合、「あなたと一緒に過ごしたい」という気持ちが分かりやすく感じられますね。

 

あなたも復縁を望んでいるのであれば、「次は○○に行きたいな」など、
あなたの前向きな気持ちを伝え、復縁に向けて進んでいくのがよいでしょう。

 

注意したいのが、「独り身でさみしい」とアピールしてきている言動です。

 

「独り身」をアピールすることで、「あなたと復縁したい」気持ちを表現している場合もありますし、
「寂しいから、都合のいい関係として慰めてほしい」と、遊びの関係を迫っている場合もあります。

 

そんなとき彼は、
「あなたの話を聞かず、自分の話ばかりする」
「極端にスキンシップを求めてくる」
など、思いやりのない言動がみられるはずです。

 

そんな彼の言動に振り回されてしまっては、「お互いにとって幸せな復縁」にはなりません。

 

彼の「都合のいい女」にならないためにも、
「さみしさや欲望に負け、依存してくる彼」に流されず、プライドを持って接しましょう。

 

パターン3、反省している

 

付き合っていて頃の自分の態度を振り返り、
「あんな言い方しなければよかった」
「もっと思いやっていたら、こんなに仲良く過ごすことができたのに」
など、反省の念を示すために奢っていることもあります。

 

特に復縁を望んでいるとかではなく、単なる罪滅ぼしです。

 

「わざわざ昔のエピソードを蒸し返して、謝罪するのも変な空気になるかもしれない」
「なんて切り出せばよいのかわからない」
と悩んだ末、

 

「過去には触れず、デート代を支払う」
という行動で、自分の気持ちに整理をつけているのです。

 

そんな時は、会話の端々で「あの時は悪かったと思ってる」など、
言葉を聞く機会があるはずなので、あなたの気持ちを素直に伝えましょう。

 

本当に反省し彼に変わる意思があるのであれば、「幸せな復縁」に続く可能性も大いにあります。

 

 

感謝の気持ちは伝えるべき

 

以上のように、
「デート代は男が奢るもの」
「どちらにしようか迷ったら、奢る」
と考えている男性は少なくないため、

 

「奢ってくれる=好意がある・復縁に前向きである」
とは、言い切れないでしょう。

 

また、快く奢ってくれるからと言って、いつも彼に甘えてばかりではいけません。
あなた自身が彼との復縁を望んでいるのなら、なおさらです。

 

一人の自立した女性として彼と接することで、彼との関係がより良いものになります。

 

甘えをなくすことで、相手を思いやる気持ちが芽生え、自然と態度にも表れるでしょう。
その先に、あなたの望む「復縁」が見えてくるのです。

 

何度もしつこく、割り勘を提案をするのも禁物ですが、
毎回「ご馳走様。ありがとう」と、感謝の気持ちは伝えるべきです。

 

そして、数回に一度は「いつも払ってもらうのは申し訳ないから、
たまには私に払わせて」と提案すると良いです。

 

「かつて付き合っていてから」
「元カノだから」
「女性だから」
という甘えは捨て、人として思いやれる関係を築いてください。

 

デート代を奢るという1つのエピソードだけで、
「彼はあなたのことが好き」「復縁したいと思っている」と断言できません。

 

しかし、嫌いな人と会うために何度も時間を割く人はいないので、
あなたを嫌っていないことは確かです。

 

「嫌われてはいない」という事実を前向きにとらえ、
復縁のチャンスを逃さないように行動できるといいですね。

 

 

また、こちらの記事では、突然の別れから元彼と復縁するまで、
実践した3つのことなど、復縁成功の体験談をお話しています。


復縁はもう諦めようと思ったけど、やっぱり彼じゃないとダメ・・・だと思っているなら、
ぜひ、一読してみて下さい!


>>復縁成功の体験談を読んでみる。





復縁

サイト情報

このページの先頭へ