MENU

 

 

 

 

ふとした瞬間に、「彼に会いたいな」と思ってしまうことありますよね。

 

・・・私もありました。別れた後、今の時間を楽しんでいても、
「彼だったら、どんな反応をしたかな」
「今日の面白かった話をきいてほしいな」
「声が聞きたいな」
など。

 

「会いたいな。」
「会ったとして、私はどうしたいんだろう。」
と揺れ動くその気持ち、経験しているのはあなただけではありません。

 

では、女性はどんな時に、元彼への気持ちが揺り動かされるのか。

 

いくつかのパターンを参考に、
「あなたの心は、今どんな状態なのか」を冷静に判断し、自分の気持ちと向き合ってみましょう。

 

 

元彼に会いたい気がするとき4選

  • ストレスが溜まっている
  • 孤独感がある
  • 女性としてみられたい
  • 言い残したことがある

 

 

ストレスが溜まっている時

 

あなたは、ストレスが溜まっていませんか?

 

ストレスで脳が疲れている時、
あなたの良いところも悪いところも理解して、一緒にいてくれた彼のことを思い出し、

 

「素の自分になって、気を遣わずに話がしたい。」
と思う女性が多いようです。

 

まずは、ストレスを軽減する努力をしましょう。

 

ストレスから解放されたとき、
まだ「彼と会いたい」という気持ちは残っていますか?

 

 

孤独感がある

毎日のようにLINEや電話で連絡を取っていた彼と別れてしまったことで、孤独感を感じる人も多くいます。

 

ふと携帯を見たとき、
「誰からも連絡が来ていないな」
「この感動を誰かに共有したいけど、友達に話すには小ネタ過ぎて連絡できないな」
など。 

 

大した用事もないのに、いつでも連絡することができた相手がいなくなったことに孤独を感じてしまうのです。

 

私もそうでしたが、結論から言うと「そのうち慣れます」。

 

始めのうちは、
「些細なことで連絡して申し訳ないな」
と感じながら、別れた事情を知る友人に頻繁連絡をとって、気を紛らわしていました。

 

しかしそのうち、徐々に連絡する頻度が減り、
「誰とも共有しない日常」に慣れてくるので、時がたつのを待ちましょう。

 

女性として見られたい

 

「今日も可愛いね」
「その髪型にあってるよ」
など。

 

そんな甘い言葉を毎日伝えてくれる彼氏は、そういないと思いますが、

 

別れてしばらく経った頃、
「今日はデートだからチークを濃いめにつけようかな」
「彼とのデートの前に、そろそろ髪の毛を整えに行こうかな」
と、女性である自分の外見を、意識して過ごす時間が無くなったことに気が付き、
女性としての自信がなくなってしまうことがあります。

 

また、少々雑な自分がいても、「彼氏がいる」という事実が、
女性としてのアイデンティティを保ってくれていた部分もあります。

 

それがなくなった今、
「自分には女性としての価値がなくなってしまったのか」と感じ、
自分を女性として、見てくれていた彼に会いたくなるのです。

 

そんな時は、「自分磨き」をしましょう。

 

デートがなくなった分、心おきなく自分のペースで食事制限ができますし、
新しい髪色や髪形にチャレンジしてみることもできます。

 

「誰のためでもない自分のためのオシャレ」
を楽しむ良い機会と思って行動することで、女性としての自信を取り戻せるはずです。

 

誰の目も気にしない、自分のためのオシャレってとても楽しいものですよ。

 

 

会いたい時の対処法ベスト4

  • @友達に電話
  • A甘いものを食べる
  • B運動をする
  • C日記を書く

 

 

@友達に電話をする

「彼に会いたい。」そんなどうしようもない気持ちに襲われてしまったとき、まずは、友達に電話をしてみましょう。

 

LINEでもよいですが、可能ならば電話の方が良いでしょう。
私には、この方法が一番効果的でした。

 

さみしいとき、疲れている時、人恋しいとき、
そんな気持ちを紛らわすために、友達に協力してもらいましょう。

 

元彼の話を聞いてもらい発散しても良いですし、全く関係ない話をしていてもOKです。
また、無理に盛り上がらなくても良いです。

 

こんな時、
「何の用事もないのに、自分に時間を使って話を聞いてくれる友人がいる」
というだけで、心も救われます。

 

また、電話が終わったときの、
「あれ、もうこんなに時間がたってたんだ」
という思いは、彼との思い出も時間が解決してくれるだろう、という安心感につながるのです。

 

A甘いものを食べる

甘いものは、無条件に疲れを癒してくれる万能アイテムですよね。

 

いつもは体重を気にして、我慢している甘いものも、
「こんな時に摂取しなきゃ、いつ食べるんだ!」くらいの強い気持ちで、食べてみて下さい。

 

ストレスが溜まっている時に甘いものが欲しくなるのは、自然な現象です。

 

理由はストレスにより、交感神経が優位になり脳が疲れるから。

 

疲れた脳は、通常よりも多くのエネルギーを必要とします。
そこため、いつもより多くの甘いものや脂質分が欲しくなるのです。

 

あまりに日常的に糖分ばかりを摂取するのは、
依存症の危険性もあるため避けるべきです。

 

ですが、必要以上に我慢して過剰にストレスをためるくらいなら、
「なんでもない日のご褒美」もありですよ。

 

フルーツやビターチョコレートなど、体によい糖分を取れば罪悪感も薄れます。

 

B運動をする

「面倒くさいな」
「疲れているのにさらに運動とか、感がられない」
というそこのあなた。

 

だまされたと思って、一度ウォーキングに出発してみて下さい。

 

「好きな音楽を一曲聞き終わる間だけ」
「近所を一周するだけ」
と決めても良いです。

 

有酸素運動をすることにより血流がよくなり、脳が活性化せれ「セロトニン」が分泌されます。

 

「セロトニン」は別名、「幸せホルモン」とも言われる物質で、
自律神経のバランスを整え、幸福感を高めてくれます。

 

ウォーキングから帰ってきたころには、すっきりしているはずです。
程よく疲れることにより睡眠の質も上がり、一石二鳥ですよ。

 

C日記を書く

どうしても、
「人と話すのは面倒くさい」
「運動も面倒くさい」
というときに私は、日記を書いていました。

 

書くことが思い浮かばないときは、
今日の出来事、ドラマの感想などから書き始めてみてください。

 

そのうちに、自分がなぜモヤモヤしているのか、ストレスの原因がはっきりしてきます。

 

ストレスの原因は、日記に書いても書かなくてもOKです。
目的はモヤモヤについて書きとめることではなく、原因を探ることです。

 

モヤモヤの原因が何なのか分かることで、いくらかすっきりした気持ちになります。

 

日記帳などなくてもチラシの裏でOKですので、
できるだけ電子機器を使わず、「鉛筆で紙に書くこと」をオススメします。

 

私の体感ですが、インクや鉛筆の芯の粉(?)から、
ストレスが溶け出ているような感覚になりました。

 

それに、自分の乱れた筆跡を見て
「ああ、字が汚いな。疲れているんだなあ。」
と、客観的に、自分をいたわる気持ちが芽生え、リラックスすることができました。

 

 

「迷っている間は、会うべきではない」

今回は、「元彼に会いたいか、会いたくないのか、自分でわからない」というあなたに向け、解説しました。

 

結論、「迷っている間は、会うべきではない」でしょう。

 

私の体験を基にした、上記の対処法を行ってみてもなお、
「会いたい!」
と思ったときに、会うべきです。

 

モヤモヤした気持ちのまま会ってしまっては、
慣れ合いのままズルズルと関係を持ってしまう危険性もあり、良いことがありません。

 

元彼が自分のストレスやさみしさ、自尊心を埋めてもらうための手段となっていないか、
もう一度、自分と向き合い考えてみましょう。

 

 

また、こちらの記事では、突然の別れから元彼と復縁するまで、
実践した3つのことなど、復縁成功の体験談をお話しています。


復縁はもう諦めようと思ったけど、やっぱり彼じゃないとダメ・・・だと思っているなら、
ぜひ、一読してみて下さい!


>>復縁成功の体験談を読んでみる。





人気記事

復縁

サイト情報

このページの先頭へ